FC2ブログ

Latest Entries

ADA アクアスカイ RGB 60 第2弾入荷!

     a1_20200209195626a82.jpg



ADAの水草育成用照明器具の新製品
『アクアスカイ RGB 60』が再入荷
いたしました。

前回はメーカーさんの予想を大きく上回る
オーダーが入ったとの理由で各店舗最大5台
までの出荷制限がありました。

当店では入荷初日のお客様の反応を見て、
即刻予約注文を入れたところ、今回は本体
カラー、シルバー、ブラック合わせて8台
入荷してまいりました。

特に本体カラーがブラックの商品は初回のみ
の限定生産品ということもあり、ADAファン
の琴線に触れたようで発売当日に完売でした。

水草育成用LED照明と言えば、なんと言っても
吊り下げ型の『ソーラー RGB』が最強!

水草の鮮やかな色合いを極限状態にまで再現、
さらに洗練されたデザイン。
どれをとっても群を抜いてはいるのですが問題
は定価70000円という強気の価格設定です。

この商品が49800円ならば、どれ程の売れ筋商
品になることかと地団駄を踏んでいるのは私だけ
ではないはずです。

今回の新製品のPOPに私が添えたキャッチコピー
はこれです。


『水草を色鮮やかに照らす憧れの照明器具ソー
ラーRGBのアクアスカイバージョン新登場!』


定価は36000円ですが、当店ではより多くの
お客様に水草の本当の魅力を体感して頂きたい
との願いのもと、29800円(税抜)で販売して
おります。

限定カラーのブラックも今後あと数台ですが
入荷の予定がございます。




       a2_20200209155035842.jpg

ADA 生きたアート展
関西は初です
2020.4/18-----6/7まで開催です。
グランフロント大阪北館 
ナレッジキャピタル イベントラボ




       a3_202002091550361db.jpg

東京ドームで開催された時には当店もしっかり視察
してまいりました。

ダイナミックなパルダリウム水槽から小型水槽
まで素晴らしい水景がずらりと並び心がとても
癒されます。

JR大阪駅直結の行きやすい会場ですので
この機会に是非お出掛けくださいませ。


スポンサーサイト



今年を振り返って・・・

この一年間の出来事を振り返ってみる時、
真っ先に思い浮かぶのは春に行なった店鋪
外装工事のことです。

開店以来24年の風雪に耐え、みすぼらしく
くたびれた屋根と外壁をなんとかリニュー
アルしたいという念願がようやく叶ったの
です。


前年の大型台風被害の影響で工事業者さんは
てんてこ舞い。当店もいつになったら順番が
回ってくるのやら。
なかば忘れかけていた頃に突然に工事は決定
しました。

ところがその時点ではまだ新しい外観のイメ
ージが固まっていません。そこで京都のいろ
いろな業種のお店の外装を勉強させて頂くこ
とにしました。

そんな意識で京都の街中を走ってみますと、
今まで気にも留めていなかったこだわりの
発見がありとても楽しかったです。


m7.jpg

一番の面積を占める壁面のベージュ色の部分
は、ある結婚式場の外観を、入り口部分は、
ある美容室さんの外観イメージを参考にさせ
て頂きました。


   m1_20191225152541645.jpg

アクアをイメージしたブルーのネオン管は
あえてLED化はせず、そのまま新しいネオン
管に取り替えました。
今ではレトロ感さえ醸し出すネオンサインは
当店のこだわりの一つです。


   m2_20191225152542044.jpg

今年も残り僅かとなりましたが、年内は大晦日
の夜10時まで無休で営業いたします。

この一年のご愛顧に感謝を込めてお値打ち商品
を多数取り揃えた『ウィンターセール2019』
も開催致しております。

新しい年に向けて水槽内もすっきりリフレッシュ
させて、どうか良いお年をお迎えくださいませ。

アクアテラリウム水槽制作

水槽で水草を楽しみたいけど、忙しくて
手入れに時間を割けないという方にオス
スメしたいのが、今回ご紹介する『アク
アテラリウム』です。

  B3_2019081918135114c.jpg

水草レイアウト水槽を美しく維持するため
には、定期的な飼育水の水換えと伸び過ぎ
た水草のトリミング作業が必要不可欠です。

実はこれらの作業を楽しみと捉えられる方
と苦痛と感じられる方がおられます。

後者の方にオススメしたいのがこの『アクア
テラリウム』なのです。

     B2_20190819181352c6f.jpg

水上の植物は水草ではなく、観葉植物で水上
での育成であるがゆえに煩わしいコケの発生
もありません。

時々蒸発して減ってしまった水を足すだけで
長期間維持できます。

ろ過には外部式フィルターを使用しますので
半年に一度くらいのペースでろ材の洗浄をする
必要はありますが、定期的な水換え作業に追わ
れる必要がありませんのでもっぱら鑑賞にだけ
専念して頂けます。


   B1_20190819181353c43.jpg

写真の水槽はお客様宅へ当店が出張して、水草
レイアウト水槽からアクアテラリウムにリニュ
ーアルさせて頂いた直後の水景写真です。

ご興味をお持ちの方はお気軽にご相談ください
ませ。
制作方法とそのコツをご説明させて頂きます。

EHEIM リーフレクスUV殺菌灯

当店では現在オータムフェアを開催中です。

今回のセールで特にお客様の注目度の高い
商品をひとつご紹介します。


        e1_201910071941369ee.jpg


エーハイムからこの夏に新発売されたばかり
の『リーフレックス UV殺菌灯』がそれです。

UV殺菌灯自体はそれ程目新しいものではなく、
従来から海水魚飼育で病気予防を目的に広く
愛用されてきました。

淡水魚や水草の水槽でもコケ対策に効果がある
ことから一部の方に愛用されてはいましたが、
正直言えば贅沢品という扱いの商品でした。


e2_20191007194135267.jpg

ところが今回発売された商品はとてもリーズナ
ブルでコンパクト!  しかもアルミボディが
カッコいい!!

水草レイアウト水槽のエーハイム外部フィルター
に取り付けて実演してみました。

e3_20191007195859b57.jpg

飼育水の透明感がさらにワンランクアップした
だけではなく、水自体がサラサラでとても快適
です!

この商品は今後も当店の主力商品になることを
確信しました。

セール期間中は10800円(税抜き)にて絶賛販売中
です!

海水魚オーバーフロー水槽

海水魚オーバーフロー水槽制作のご依頼を
受けました。

45cm水槽からのバージョンアップで、新たに
60×45×50cmのアクリル水槽をオーバーフロー
仕様にて制作させて頂くことになりました。

水槽台はレッドシーのエクセルキャビネットを
使用。しっかりした作りでデザインもシンプル
でマリンアクアリウムにはぴったりです。


       k1_20190814151636509.jpg

キイロハギ、カクレクマノミ、イソギンチャク、
サンゴがうまく共存できるようにライブロック
のレイアウトを組んでみました。



  k2_20190814151637d4a.jpg

キャビネットの中の様子です。

k3_2019081415163908e.jpg

電気系統のコード類の数がかなり多いので
一見複雑そうに見えますが、オーバーフロー
システムはろ過装置のお手入れがとても簡単
で、長期維持を考えた時に最もオススメな
飼育設備です。