FC2ブログ

Latest Entries

営業再開のお知らせ

この度は店内改修工事のため、3週間
余りの長きに渡って休業させて頂くこ
ととなり、お客様には大変なご不便ご
迷惑をおかけいたしました。

この場をお借りいたしまして深くお詫
び申し上げます。

今回の工事は、11月25日に店内の観賞
魚販売什器の一部が突発的なアクシデン
トにより破損してしまったため、それを
修復するためのものでした。

開店以来23年の間に蓄積された、設備
機器の経年劣化が原因でした。

したがって計画的に実施した改修工事
ではありませんでしたので、事前にお
客様にお伝えすることも出来ず、突然
の長期休業を余儀なくされました。

その結果多くのお客様にご迷惑をおかけ
することとなり、
『いつ頃にお店は再開されますか?』 
とのお問い合わせのお電話を連日多くの
お客様より頂戴し、申し訳ない気持ちで
いっぱいでした。  



この度ようやく復旧の目処が立ちました
ので、12月19日(水)より営業を再開
させて頂きます。


『マーサがないと不便やわ。』

『マーサがつぶれたら困るわ。』

一人でも多くのお客様にそう思って頂け
るような店になれますよう、これからも
精一杯努力して参る所存です。

尚、年内は無休で営業させて頂きます。

改めてご迷惑をおかけしたことを深くお
詫び申し上げるとともに、皆様のご来店
を心よりお待ち申し上げております。

スポンサーサイト

ベタの保温

コップの中でも飼える観賞魚…ベタ

その飼育スタイルの手軽さが大きな魅力
のひとつとなっているベタですが、彼ら
は紛れもなく熱帯魚です。

春から夏にかけては常温でも飼育出来ま
すが、これからの時期には温度管理が必
要です。

他の熱帯魚に比べて下限温度は18℃位と
比較的低温にも耐えてくれるのですが、
適温は25℃前後です。
『うちの家は暖房しているから大丈夫』と
思われる方が大勢いらっしゃいます。

でも就寝時には暖房を止めてられる方が
ほとんどなのではないでしょうか。

どんな魚でも一日のうちに水温が3℃以上
変化すると大きなストレスになります。



b1_20181124144315d19.jpg

そこでお勧めしたいのがガラス容器の
下に敷くだけで保温してくれるパネル
ヒーター『ピタリ適温』です。

当店ではベタ販売コーナーで実演中です。
ヒーター表面に手を触れてもやけどする
程熱くもなく、とても安全であることが
実感して頂けます。


        b2_20181124144316320.jpg

サイズは丸型と角型合わせて5種類ご用意
いたしております。

        b3_20181124144318e18.jpg

大きい角型はガラス容器を複数並べて飼育
されるのに便利です。

        b4_20181124144319d3f.jpg

これらの商品はセンサー機能が内蔵されて
いますので温度が上がり過ぎる心配もなく
電気代もほんの数ワットと水中ヒーターと
は比べ物にならないくらいに省エネです。

大切なベタを健康に冬越しするために是非
ご検討ください。

紅葉の嵐山散歩

     a1_20181113155610cc3.jpg

11月初旬、久しぶりに嵐山へ犬を連れて
散歩に行ってきました。

嵐山のある料亭様に活魚水槽を置かせて
頂いてる関係で、仕事では何度も訪れて
はいるのですが、プライベートで行くの
は約1年ぶりです。

平日であるにもかかわらず観光客の方の
数が多いことに驚かされました。

しかも8割くらいの方が外国からお越しの
観光客です。

何十年も前から嵐山には定期的に散歩に訪
れていますが、犬を連れて歩くことが難し
く感じる程の賑わいに直面したのは初めて
です。



     a2_20181113155612b0b.jpg

トイプードルのチロ(母親)とリリー(娘)を
連れて歩いていると、外国の観光客の方が
にこやかに微笑んでくださいます。



a3_20181113155613c31.jpg

竹やぶを抜けるとお気に入りの場所、亀山
公園に到着。
ここだけはいつ訪れても空いていて、とても
癒されます。


a4_20181113155613a66.jpg

保津川まで降りて行くとボート遊びをする方
が大勢おられます。



a5_20181113155616922.jpg

本格的な紅葉には後少し。
でも色づき始めた木々はとても美しい。

自然の力ですごくリフレッシュ出来ました。


アクアテラリウム照明器具

 o5_201810291606224dc.jpg

当店の入り口近くに展示してあります、
アクアテラリウム水槽をご覧になられた
お客様から同じような雰囲気の水槽制作
のお見積もりのご依頼を受けました。

アクアテラリウムを制作するうえで最も
頭を痛める点は、実はどのような照明器
具を使用するかという問題です。

水面よりも高い位置に植物を育てるアク
アテラリウムでは、従来の水槽の上に
ちょこんと載せるタイプの一般的なLED
ライトを使用することが物理的に不可能
なのです。

当店ではADAのソーラーRGBという吊
り下げ式のLED照明を使用していますが、
売価が63800円でさらに専用のライト
スタンドを使用すると照明器具だけでも
8万円をゆうに越えてしまいます。

お客様にもご予算というものがあります。

インテリア性を損なわず、植物が育つだ
けの明るさを兼ね備え、しかも誰もが
納得出来るだけのリーズナブルな照明器
具はないものかと考えました。


   o4JPG.jpg

そこで閃いたのがADAのアクアスカイの
灯具部分だけを、スタイリッシュなフォ
ルムのヴォルクス社のレディオアーチに
吊り下げるというアイデアです。

この方法なら大幅なコストダウンが可能
です。

ただしアクアスカイ自体はもともと上から
吊り下げる仕様にはなっていない為、アー
チ部分と灯具部分を吊り下げる部品は自作
する以外に方法がありません。


   o2_201810291606173b5.jpg

お見積もりも無事に通り、早速ホームセン
ターで部材を調達し、出来上がったものが
こんな吊り下げ部品です。



       o1_201810291606152d0.jpg

お部屋の中で緑と魚を同時に楽しめるアク
アテラリウムは当店でも長きに渡りご提案
してきました。

水草レイアウト水槽と比較すると圧倒的に
管理が簡単でもっと多くの人に知ってもら
いたい水槽です。

しかしながら周辺器具の割高感がその普及
速度を遅らせているのも事実です。

当店でもさらに多くの方に楽しんで頂ける
よう努力してまいります。

ADA キューブガーデン(水槽)

a1.png

ADAキューブガーデン 6980円

この春に透明感抜群の人気水槽
キューブガーデンが残念ながら
メーカー値上げとなってしまい
ました。

これも時代の流れとは言え、一番
人気の60cm水槽に至っては、定価
9000円から11000円へと大巾に
改訂されショックを受けました。

当店は値上げ前に今回のセールの為
に大量に仕入れ、在庫しておりまし
たがその数も残り僅かとなりました。

水槽の買い替えをお考えの方は、ぜひ
お値打ちなこのセール期間中にお求め
くださいませ。