FC2ブログ

Entries

ベタの保温

コップの中でも飼える観賞魚…ベタ

その飼育スタイルの手軽さが大きな魅力
のひとつとなっているベタですが、彼ら
は紛れもなく熱帯魚です。

春から夏にかけては常温でも飼育出来ま
すが、これからの時期には温度管理が必
要です。

他の熱帯魚に比べて下限温度は18℃位と
比較的低温にも耐えてくれるのですが、
適温は25℃前後です。
『うちの家は暖房しているから大丈夫』と
思われる方が大勢いらっしゃいます。

でも就寝時には暖房を止めてられる方が
ほとんどなのではないでしょうか。

どんな魚でも一日のうちに水温が3℃以上
変化すると大きなストレスになります。



b1_20181124144315d19.jpg

そこでお勧めしたいのがガラス容器の
下に敷くだけで保温してくれるパネル
ヒーター『ピタリ適温』です。

当店ではベタ販売コーナーで実演中です。
ヒーター表面に手を触れてもやけどする
程熱くもなく、とても安全であることが
実感して頂けます。


        b2_20181124144316320.jpg

サイズは丸型と角型合わせて5種類ご用意
いたしております。

        b3_20181124144318e18.jpg

大きい角型はガラス容器を複数並べて飼育
されるのに便利です。

        b4_20181124144319d3f.jpg

これらの商品はセンサー機能が内蔵されて
いますので温度が上がり過ぎる心配もなく
電気代もほんの数ワットと水中ヒーターと
は比べ物にならないくらいに省エネです。

大切なベタを健康に冬越しするために是非
ご検討ください。
スポンサーサイト

猛暑のトラブルを防ぐには…

突入した連日の猛暑。。。

あるお客様が血相を変えて駆け込んでい
らっしゃいました。

出掛けていて家に帰ったらほとんどの魚
が死んでいたと。。。

店長がいきさつをお伺いすると、間違い
なく水温の急激な上昇による死亡である
ことが明らかでした。

外出される時に窓を閉め切り、お部屋の
エアコンを止めた状態にされると、今の
猛暑の中ではかなりに確率で水槽がトラ
ブルに見舞われます。

当店の過去の経験ではエアーレーション
をしっかり行なっている水槽でも、水温
が34℃になるとほとんどの魚たちが壊滅
状態になります。

水草は30℃を越えると溶けてきます。

なんとか30℃以上の水温にならないよう
に工夫してさえ頂ければ、この異常とも
言える猛暑を乗り切ることが出来るのです。

具体的にはお部屋のエアコンと水槽用冷却
ファンとの併用が最も手軽で経済的な方法
です。

水槽用冷却ファンは外気温マイナス3℃〜
4℃下げることが可能です。

外出される場合は、エアコンの設定温度を
最低でも30℃に設定して、ファンを回して
おけば、水温を27℃にキープすることは
さほど難しいことではありません。

『誰もいない部屋でエアコンを動かしておく
なんてもったいない。』
そう考えるのが人情です。
でもよく考えてみてください。

そのお部屋には日頃から貴方を癒してくれる
愛すべき魚たちがいるのですから…

台湾エビ入荷

  e3_2018052020233016c.jpg

ファイヤーレッドチェリーシュリンプ 
極火蝦 (ごっかえび)大量入荷!

今回はかなり大きいサイズで入荷して
おります。色も抜群に綺麗です。

  e4.jpg

エビの飼育は非常にデリケートで飼育
器具を充実していただくことがとても
大切です。

底床にソイルを敷き、カルキ抜きを
した水を入れ、エアーレーションと
ヒーターをセットし、ろ過器の電源
を入れてBIOスコールなどのバクテリ
ア剤を入れながら、最低でも10日間
は充分に水作りをしていただいたうえ
で初めてエビが飼育できます。

テレビ・雑誌等でボトルアクアリウム
にレッドビーなどのエビが入っていて
一見綺麗には見えますが、長期飼育が
できないばかりか徐々に死んでいく可
能性が非常に高いです。

レッドビーシュリンプ等の小型エビを
飼育されたいと思われたら、まずは一
呼吸おいて 水作りから。。。



    e5.jpg

イエローファイヤーシュリンプ

e6.jpg

ブルーベルベットシュリンプ

春のベタ祭り

ベタが飼い易い季節になってきました。

これからの時期は温度の心配をせずとも
飼えるという点で、売れ行きが活発にな
ってきます。

      a1.jpeg

つい先日バンコク直輸入で色んな種類の
ベタが大量入荷いたしました。


      a2.jpeg

今ならお好みの個体が選び放題です。
ご来店お待ち申し上げております。

お手入れ簡単水槽

IMG_0737.jpg

当店がおすすめする、お手入れが簡単な
水槽のひとつが今回ご紹介するこの水槽
です。

せっかく水槽を立ち上げたのにいつの間
にかコケだらけ。
それでも初めのうちはお掃除を頑張って
はみるものの、それもやがては疲れ果て
て、気がつけば誰も見向きもしない水槽
になれ果ててしまう……

日頃から接客する中で、こんな悲しいご
経験をされている方が意外に多いことに
思い悩まされます。

この水槽では熱帯魚よりも水を汚しやす
い金魚を泳がしています。一般的に金魚
は水草をエサとして食べてしまいますの
で、生も水草との共存が難しいです。

そこで人工水草、つまり造花を流木にく
くりつけてアレンジしています。

ここではじめて当店イチ押しのコケ抑制
剤『BIOコケクリア』が使用出来る環境
が調います。

月に一度入れるだけでコケの悩みから解
消される素敵な商品です。しかもお値段
がリーズナブル。


     こ1

水槽を長期間美しく維持するためにもう一
つ重要なことがあります。
それはろ過装置を充実させて、バクテリア
による浄化作用を最大限の状態をキープし
続けることです。



病院・店舗などに置いて頂くとインテリア
性があり目をひく水槽になると思います。