FC2ブログ

Entries

金魚・メダカ売れています

夏はなんと言っても金魚・メダカのシーズン。
大変よく売れています



k1_20190813150812387.jpg

青仔(あおこ)らんちゅうの子供

これから成長して赤いらんちゅうになります。

お好きな仔をお選びください



k2_20190813150839fcd.jpg

琉金



  k3_2019081315084106c.jpg

小琉金
とても愛らしく、大人気です。



k4.jpg

前回白メダカは1000匹入荷して、状態も非常に
良くまたたく間に売れてしまいました。

つい最近も大量に入荷してまいりました。
人気の黒メダカと変らないリーズナブルな価格で
好評販売中です。
スポンサーサイト



ワンランクアップ めだか水槽

       m1_20190716144035ecc.jpg

めだか鉢飼育中のめだかを水草水槽
で飼ってみたいとのご要望を受けて
制作したのがこの水槽です。

30cmハイタイプの水槽のコーナーに
岩を組んでソイルと化粧砂を敷き分け、
侘び草エキノドルスMIXを置いたシン
プルなレイアウトです。

二酸化炭素の添加はせず、外掛けフィル
ター以外にエアレーションを取り付けて
います。

めだか飼育にエアーは要らないのでは?
とお思いの方もおられるかも知れません
が、ろ過器を取り付けて飼育される場合
は例えそれがどんな種類の生き物であろ
うとエアーレーションは不可欠です。

何故なら、水を美しくするためのろ過を
つかさどる微生物は酸素が無いと生きて
いけない生き物だからです。
 
水槽でめだかを飼う時はぜひエアーレー
ションをお忘れなく。




       m2_201907161440374f4.jpg

この水槽では化粧砂の中にエアーストーンを
埋め込んで涌き水のような演出をしています。

お客様からとてもご好評を頂きました。

バンコク直輸入便入荷

 h1_2019020616090581c.jpg

2月5日バンコク直輸入便が入荷しました。
ディスカスも大量に入荷しております。
詳しくはHPの入荷情報をご覧ください
ませ。


  h2_20190206160907408.jpg

今回はコイベタ・メスが40匹の強気
の仕入れです。
早くも10匹程売れてしまいました。

     h8JPG.jpg

ベタのオスは1匹ずつ別の容器で飼育
しなければなりませんが、メス同士
だと複数飼育が可能です。

コイベタはまるで錦鯉のような柄の魚
ですので鑑賞価値が絶大です。


       h4.jpg
コイベタ・メス



       h3.jpg
コイベタ・スーパーデルタ オス


       h9.jpg
ハーフムーン・ファンシードラゴン


       h10.jpg
スパーエレファントイヤー



       h5.jpg
ハーフムーン



        h6.jpg
ハーフムーン



     h7.jpg
ハーフムーン

今なら豊富に在庫がございます。
お好みの個体をお選びください。
お早めのご来店をお待ちしております。

ベタの保温

コップの中でも飼える観賞魚…ベタ

その飼育スタイルの手軽さが大きな魅力
のひとつとなっているベタですが、彼ら
は紛れもなく熱帯魚です。

春から夏にかけては常温でも飼育出来ま
すが、これからの時期には温度管理が必
要です。

他の熱帯魚に比べて下限温度は18℃位と
比較的低温にも耐えてくれるのですが、
適温は25℃前後です。
『うちの家は暖房しているから大丈夫』と
思われる方が大勢いらっしゃいます。

でも就寝時には暖房を止めてられる方が
ほとんどなのではないでしょうか。

どんな魚でも一日のうちに水温が3℃以上
変化すると大きなストレスになります。



b1_20181124144315d19.jpg

そこでお勧めしたいのがガラス容器の
下に敷くだけで保温してくれるパネル
ヒーター『ピタリ適温』です。

当店ではベタ販売コーナーで実演中です。
ヒーター表面に手を触れてもやけどする
程熱くもなく、とても安全であることが
実感して頂けます。


        b2_20181124144316320.jpg

サイズは丸型と角型合わせて5種類ご用意
いたしております。

        b3_20181124144318e18.jpg

大きい角型はガラス容器を複数並べて飼育
されるのに便利です。

        b4_20181124144319d3f.jpg

これらの商品はセンサー機能が内蔵されて
いますので温度が上がり過ぎる心配もなく
電気代もほんの数ワットと水中ヒーターと
は比べ物にならないくらいに省エネです。

大切なベタを健康に冬越しするために是非
ご検討ください。

猛暑のトラブルを防ぐには…

突入した連日の猛暑。。。

あるお客様が血相を変えて駆け込んでい
らっしゃいました。

出掛けていて家に帰ったらほとんどの魚
が死んでいたと。。。

店長がいきさつをお伺いすると、間違い
なく水温の急激な上昇による死亡である
ことが明らかでした。

外出される時に窓を閉め切り、お部屋の
エアコンを止めた状態にされると、今の
猛暑の中ではかなりに確率で水槽がトラ
ブルに見舞われます。

当店の過去の経験ではエアーレーション
をしっかり行なっている水槽でも、水温
が34℃になるとほとんどの魚たちが壊滅
状態になります。

水草は30℃を越えると溶けてきます。

なんとか30℃以上の水温にならないよう
に工夫してさえ頂ければ、この異常とも
言える猛暑を乗り切ることが出来るのです。

具体的にはお部屋のエアコンと水槽用冷却
ファンとの併用が最も手軽で経済的な方法
です。

水槽用冷却ファンは外気温マイナス3℃〜
4℃下げることが可能です。

外出される場合は、エアコンの設定温度を
最低でも30℃に設定して、ファンを回して
おけば、水温を27℃にキープすることは
さほど難しいことではありません。

『誰もいない部屋でエアコンを動かしておく
なんてもったいない。』
そう考えるのが人情です。
でもよく考えてみてください。

そのお部屋には日頃から貴方を癒してくれる
愛すべき魚たちがいるのですから…