FC2ブログ

Entries

EHEIM リーフレクスUV殺菌灯

当店では現在オータムフェアを開催中です。

今回のセールで特にお客様の注目度の高い
商品をひとつご紹介します。


        e1_201910071941369ee.jpg


エーハイムからこの夏に新発売されたばかり
の『リーフレックス UV殺菌灯』がそれです。

UV殺菌灯自体はそれ程目新しいものではなく、
従来から海水魚飼育で病気予防を目的に広く
愛用されてきました。

淡水魚や水草の水槽でもコケ対策に効果がある
ことから一部の方に愛用されてはいましたが、
正直言えば贅沢品という扱いの商品でした。


e2_20191007194135267.jpg

ところが今回発売された商品はとてもリーズナ
ブルでコンパクト!  しかもアルミボディが
カッコいい!!

水草レイアウト水槽のエーハイム外部フィルター
に取り付けて実演してみました。

e3_20191007195859b57.jpg

飼育水の透明感がさらにワンランクアップした
だけではなく、水自体がサラサラでとても快適
です!

この商品は今後も当店の主力商品になることを
確信しました。

セール期間中は10800円(税抜き)にて絶賛販売中
です!
スポンサーサイト



海水魚オーバーフロー水槽

海水魚オーバーフロー水槽制作のご依頼を
受けました。

45cm水槽からのバージョンアップで、新たに
60×45×50cmのアクリル水槽をオーバーフロー
仕様にて制作させて頂くことになりました。

水槽台はレッドシーのエクセルキャビネットを
使用。しっかりした作りでデザインもシンプル
でマリンアクアリウムにはぴったりです。


       k1_20190814151636509.jpg

キイロハギ、カクレクマノミ、イソギンチャク、
サンゴがうまく共存できるようにライブロック
のレイアウトを組んでみました。



  k2_20190814151637d4a.jpg

キャビネットの中の様子です。

k3_2019081415163908e.jpg

電気系統のコード類の数がかなり多いので
一見複雑そうに見えますが、オーバーフロー
システムはろ過装置のお手入れがとても簡単
で、長期維持を考えた時に最もオススメな
飼育設備です。

限定商品 ベタリウム ツインポット

       f1.jpg

GEX ベタリウム ツインポットのご紹介
です。

ベタをオシャレな容器で飼育したい…
そんなご要望にお応えするのがこの商品。

美しいガラスポット2個の中間部分に
観葉植物などが飾れるLED照明が付いて
います。

当店では造花と流木をあしらって展示中
です。


実はこちらの商品は現在廃盤商品となって
おり、メーカーさんのカタログには載って
いません。

つまり当店は見切り品を仕入れました。
いい商品なのに売れなかった理由は価格が
高過ぎたのだと思います。

現在でも流通在庫がネット上などで取り引き
されていますが、5000円前後の価格が付いて
おり、売れ筋のラインから大きく外れている
のではないかと推察します。


この商品の適正価格だと当店が考える値段は
2980円です。

数量に限りがございますので、ぜひ一度
お手に取ってご覧くださいませ。







   f3.jpg

biOrb(バイオーブ)展示中

2016年の5月頃、あるテレビドラマの
中でそれまで一度も見たことのない
珍しいデザインの水槽が使われている
のを見つけました。

それはまん丸の球体の水槽で、イギリス
で産まれたbiOrb(バイオーブ)という
アクリル製の水槽でした。

これは面白いと思い、早速取り寄せて店
頭に展示しました。

展示品も含めて在庫を完売した時点で、
しばらく当店の店頭からは姿を消しては
おりましたが、脳裏の片隅には常にその
水槽のことが気になって仕方がありませ
んでした。

いつかチャンスがあれば、今までの水槽
のイメージを覆すあのスタイリッシュな
水槽をもう一度一人でも多くの方に見て
頂きたいと…

        t1_20190321185335ffe.jpg

そして今年ようやくそのチャンスが巡って
きたのです。

今回の水槽は前回のクラシックタイプの
上級モデルで、水槽の水面が見えないタイ
プの biOrb HALOです。

15ℓ、30ℓ、60ℓと3種類発売されている
中で一番大きな60ℓタイプを展示しており
ます。

30ℓと60ℓの2機種は常備在庫をしており
ますので、いつでもお持ち帰り頂けます。

        t3_201903211853384a2.jpg

さらに今回の水槽はLED照明がリモコンに
よって色も明るさも調整出来、抜群のイン
テリア性を誇ります。


t2_20190321185337656.jpg

専用の水槽台に置き、水槽内にはbiOrb製
のとてもお洒落でリアルなオブジェを飾り、
さらにコケ対策にはBIOコケクリアを使用
すれば、いつまでも美しいまるでディズニ
ーの世界のような夢の水槽がお楽しみ頂け
ます。

アクアインテリアの未来を拓く、biOrbを
ぜひその目でご覧くださいませ。



アクアテラリウム照明器具

 o5_201810291606224dc.jpg

当店の入り口近くに展示してあります、
アクアテラリウム水槽をご覧になられた
お客様から同じような雰囲気の水槽制作
のお見積もりのご依頼を受けました。

アクアテラリウムを制作するうえで最も
頭を痛める点は、実はどのような照明器
具を使用するかという問題です。

水面よりも高い位置に植物を育てるアク
アテラリウムでは、従来の水槽の上に
ちょこんと載せるタイプの一般的なLED
ライトを使用することが物理的に不可能
なのです。

当店ではADAのソーラーRGBという吊
り下げ式のLED照明を使用していますが、
売価が63800円でさらに専用のライト
スタンドを使用すると照明器具だけでも
8万円をゆうに越えてしまいます。

お客様にもご予算というものがあります。

インテリア性を損なわず、植物が育つだ
けの明るさを兼ね備え、しかも誰もが
納得出来るだけのリーズナブルな照明器
具はないものかと考えました。


   o4JPG.jpg

そこで閃いたのがADAのアクアスカイの
灯具部分だけを、スタイリッシュなフォ
ルムのヴォルクス社のレディオアーチに
吊り下げるというアイデアです。

この方法なら大幅なコストダウンが可能
です。

ただしアクアスカイ自体はもともと上から
吊り下げる仕様にはなっていない為、アー
チ部分と灯具部分を吊り下げる部品は自作
する以外に方法がありません。


   o2_201810291606173b5.jpg

お見積もりも無事に通り、早速ホームセン
ターで部材を調達し、出来上がったものが
こんな吊り下げ部品です。



       o1_201810291606152d0.jpg

お部屋の中で緑と魚を同時に楽しめるアク
アテラリウムは当店でも長きに渡りご提案
してきました。

水草レイアウト水槽と比較すると圧倒的に
管理が簡単でもっと多くの人に知ってもら
いたい水槽です。

しかしながら周辺器具の割高感がその普及
速度を遅らせているのも事実です。

当店でもさらに多くの方に楽しんで頂ける
よう努力してまいります。