FC2ブログ

Entries

ダルマ琉金

お客様より120cm水槽のリニューアルをご用命頂きました。
テーマは『和』。主役は金魚です。

数ある金魚の中でも今回は強烈なインパクトのある種類を
選定することになりました。

P4140780.jpg

その名は『ダルマ琉金』。
ショートテール琉金とも呼ばれる中国産の金魚です。


P4140781.jpg

体高があり、尾びれが短くしかも下腹部がまるでダルマさん
のようにドテっと膨らんだ独特の体型をしています。
現在13cm前後の体長ですが20cmオーバーになる見込みです。


流木

流木を選別して、アク抜きに2週間。
水槽の左右から流れるようなフォルムを意識して流木に
造花のツタを巻き付けています。
この作品をレジ近くで作成していましたら、外国人の
お客様が「ボク これ好きです」とほめてくださいました。
とても嬉しかったです

この水槽では生の水草は使用していませんので、コケ抑制剤
を活用しています。おかげで水槽内はぴかぴかです。

ろ過材の中には『かき殻』を混ぜていますので、金魚飼育の
お悩みのひとつであるPH値の急降下が起こりません。
水換え作業に追われること無く、穏やかに鑑賞を楽しんで頂
いております。



当店ではあらゆるお客様からのご要望にお応えして、出来る
だけ手間ひまかけずに、長期間美しく楽しんで頂ける水槽作り
のお手伝いをさせて頂いております。

お気軽にご相談くださいませ。

おたすけ隊

       securedownload.jpeg

お客様より活着性の水草のみを使用するシンプルな
レイアウトの水槽設置のご依頼を賜りました。

       IMG_5440.jpg

早速、流木のアク抜きをして、流木を組み合わせて
流木の仮デザインを決めていきます。
いくつかの流木をステンレスの木ネジで固定し、さらに
不要な枝を落としていきます。
この状態で再度お店の水槽に沈めて完全にアクが抜ける
のを待ちます。
このアク抜き作業に時間がかかるため、完成までに2週間
のお時間を頂きました。


       securedownload-3.jpeg

以前設置させて頂いた、ニューラージパールグラスが
生い茂る岩組の水槽です。
2ヶ月経過していますが、足し水だけでほとんど水換え
はされていないとのことでした。
岩にもコケひとつ着いておらずとても美しく、改めて当店
のノウハウの正しさを実感しました。


この水槽の隣に並べて設置させて頂きました。


securedownload-4.jpeg

水槽を2台置くとより素敵ですね

今回の創作流木の特徴は、従来とは全く異なる方法で
水草を流木に固定している点です。

今までは、糸やビニタイを使って水草を流木にくくり
つけていたのですが、繊細なレイアウトがしずらいと
いう欠点がありました。

それを解消したのが『クィックジェル』という商品です。

これのおかげで水草レイアウトにまたひとつ新しい世界
が広がる予感がします。

ご興味のお有りの方はぜひ当店までお問い合わせくださ
いませ。



水草水槽おたすけ隊

名称未設定

お客様から当店の展示水槽と似たような雰囲気の
水草水槽を60cmの水槽で新たに作って欲しいとの
ご用命を承りました。

当店の入り口正面の120cm展示水槽は何度かレイア
ウトを変更していますが、最近ではミクロソリウム
ナローなどの陰性植物を中心にしたトリミングの手間
のかからないとても楽な管理の水景になっています。

準備期間に2週間以上のお時間を頂戴することが出来
ましたので、万全の態勢で作業に臨む事が出来ました。

otasuke


今回の水槽のポイントは、水槽を載せるためにお客様が
特注でご用意されたお洒落な下駄箱です。

扉の中には外部式フィルター2台がぴったり収まるスペ
ースと電源のコンセントが複数内蔵されています。
天板にはフィルターのホースや器具類のコードなどが通
せる穴が開けてあるので、水槽廻りがとてもシンプルに
見えます。

PC150393.jpg

時が経過し、下草のニューラージパールグラスが緑の絨毯
になり、流木の後に息を潜めるように植わっているニムファ
・ミクランサの球根からあでやかな浮き葉が水面を飾る頃
この水景の物語の第2章が始まります。

いつまでも楽しんで頂ける、そんな水槽を制作させて頂くこ
とは私たちのこの上ない喜びです。

おたすけ隊

PB280306.jpg

45cm水槽で金魚を飼育されておられるお客様から新たに
熱帯魚の水槽を増やしたいので設置作業をすべて任せたい
とのご依頼を受けました。

今まで金魚はぶくぶく(投げ込み式フィルター)のみで
とても元気にしているというお話でしたが、ろ過能力不足
が心配されましたので別のフィルターを追加して頂けるよう
強くお願いしました。

1回目の訪問の際に試薬で調べさせて頂いたところ、心配して
いたとおりNO2(亜硝酸)の数値がかなり高く魚たちにとっ
て快適な環境では無いことが分かりました。

お客様もご理解頂けたようで、新たに上部式フィルターの設置
と『BIOスコール』(当店イチ押しのバクテリア)をしばらく
の間毎日添加して頂くことになりました。

新たに設置させて頂いた60cm水槽にも毎日規定量の『BIOス
コール』の添加をお願いして1週間が経ちました。




PB280303.jpg

1週間後再度ご訪問させて頂いて気になっていた金魚水槽の水
質をチェック。みごとに亜硝酸はゼロになっていてひと安心。


さらに60cm水槽のために新たに制作した『置くだけ流木』と
石を飾り、カージナルテトラを30匹だけ入れました。

ライトを灯すと生命力が吹き込まれた真新しい水景にお客様か
らも感嘆のお声があがります。この瞬間は私たちにとっても一
番の至福の時です。

今回の水槽システムはお客様のご要望をもとに、コケ掃除や
水草のお手入れの手間を出来るだけかけずに長期間美しく維持
して頂けることを最優先に考えてご提案させて頂きました。


当店では新しい水槽の設置作業はもちろんのこと、すでにご使
用中の水槽のレイアウト変更なども出張作業させて頂ますので、ご相談くださいませ。

ADA アクアスカイ1202新登場!?

店長の田中です。

先日、京都の老舗料理旅館のオーナー様よりご依頼を
受け、120cm水草水槽の制作をさせて頂ました。

今回特筆すべきはこの水槽の照明器具です。

P2211090.jpg

ADAキューブガーデン120cmにすっきり載っている
照明器具が、この度新発売された水草が育つLED照明
アクアスカイ1202です。

P2211092.jpg



なーんていうのはウソです!

大人気のアクアスカイは、現在60cm水槽用までしか
市販されておらず、90cm用が現在企画開発中で120
cm用に至っては発売未定とのこと。

実は今回の照明器具はオーナー様の強いこだわりと信念
のもとに完成した、世界でただ一つだけのものなのです。

最初はアクアスカイ602を単純に2台くっつけてはという
発想もあったのですが、真ん中に不要な足が見えること
から却下。

結局は、灯具が載るアクリル枠の厚み、サイズのすべてを
設計し直し、将来ADAが商品化するとしたらこんな形で
出てくるはずというものをアクリル加工屋さんに別注で
オーダーし出来上がってきたこだわりの逸品がこれなのです。


果たして水草は上手く育つのか?
その性能やいかに・・・??

P3251333.jpg

お客様がお帰りの際に立ち寄られるお帳場です。
ふと中に目をやると美しい緑が・・


P3251336.jpg

さらに奥の方をのぞいてみるとこんな水槽が現れます。
長年ディスカスのブリーディングをされていたオーナー様
ですので水槽の管理はお手のものです。


P3251344.jpg

従来120cmで水草と言えば、あのたいそうなメタハラ2台
使用しか思い浮かばなかったのですが、アクアスカイが
発売されてからは、軽装備かつ省エネで水草を本格的に
楽しんで頂くことが出来るようになりました。

これからもますます水草ファンは増え続けることでしょう。